注文住宅を建てる上で重要なポイントは土地

我が家があきる野市に新築住宅を購入してもう2年になろうとしています。
結婚以来5年以上賃貸暮らしをしていた中で、まさか家を購入するという決心をするとは夢にも思っていなかったというのが正直なところでした。
もともと賃貸暮らしが長く、第二子が生まれたタイミングで次はどこに引っ越しをしようかと不動産情報を見ていた時に、近所の土地が区画整理をし始め分譲を始めたのです。第一子の小学校入学も控えていたころで、このまま同じ学区に住み続けたいということと、引っ越しをするたびに通学路が変わるのが子供にとっても負担が大きいのではないかということになり、賃貸ではなく持ち家を検討するタイミングが来たのでは?という雰囲気に。
ちょうど分譲していた土地もまだ空きがあったのでローンを組むことができれば建ててしまおう!と半ば勢いだったということになります。
しかし、賃貸暮らしから一軒家住まいにグレードアップしたという点においては家族全員が広々とゆったり毎日過ごせること。さらには子供も通学に関して小中学校の近さが非常に便利で安心な為に満足度が高いです。立派で豪華な注文住宅とは言えない小さな家ですが、その土地の便利さは他には代えがたいと実感しています。