後悔することがたくさんある注文住宅

我が家は約20年前に新築の一戸建て注文住宅を青梅市にを建てました。
それまではマンション暮らしだったので、念願がかなった思いで素敵な住宅になればいいなと思っていました。

でも、理想と現実はなかなか厳しいものがありました。
それは、土地が密集地で日当たりが期待できない事や予算の問題で色々と諦めないと
いけない事が多くて完成した時は後悔の方が大きかったと思います。

実際住んでみると、お天気がいいのに電気をつけないといけないリビングではあまり安らげない
感じがしたり、家事動線もかなり悪いため家事に時間がかかってしまったり、あまりいい部分が見つかりません。

しいて言えば駅が近い事だけな気がします。
日当たりの悪い家での生活をしていたら、私は体調を崩してしまいました。

医師からは日を浴びる事と言われましたが、家の中で日だまりが出来る部分は階段などの
部屋ではない所なので、冬はとても寒くて仕方がなく暖房費もかさみます。

そういった状況なので、最近では日当たりの良いマンションを探そうかと話している所です。

マイホームで子供部屋の活用方法は大きな課題

私の家ではなくて、友達の家なのですが、「子供部屋」について悩んでいるそうです。その話をさわりだけ聞いた時には、私は「まあそうだろうなぁ」と率直に思ってしまいましたよ。だって、子供ありきで広い家を建てていますから。

広いリビングは確かに魅力的ですが、しかしもうすぐ夫婦二人暮らしになりますからね。それに二階のフロアをほぼすべて子供部屋で分割していますから、子供3人が家を出た今は、空き部屋があるフロアとなっていますから。

とは言いましても、下一人はまだ学生ですから、今後友達の家に帰ってくる可能性だってあるわけです。しかし、長子はもうすぐ結婚するそうなのですが、子供部屋がまんまある状態ということですからね。友人宅ははじめから子供部屋として用意して作っていますので、そのほかの活用方法がノーアイデアだそうで、そして長子もいい年齢なのに、いまだに学習デスク付きで子供部屋がそのままあるわけです。

友人は「リタイヤしてマンション暮らしになるまで、このままかなー」と言っていますが。けれどもまあ友人のケースからの教訓は、「新築の注文住宅を建てるなら子供が巣立った後のことも考えて設計するべし」ということですよね。