一戸建ては部屋の利用目的を明確に

旦那の転勤と共に、念願だった一戸建てに引っ越してきて早一年が経ちます。これまでマンション等の集合住宅しか住んだ事が無くて、一戸建ての部屋数の多さに圧倒されてしまって、イマイチ全室上手く有効活用しきれていません。

引っ越してきた当初は、大量のダンボール等の荷物で溢れていて、落ち着いたらその内に各部屋毎に収納すればいいやと思っていたのですが、一年経った今も、二階の一部屋は未だにダンボールだらけで、新たな荷物を置く等の倉庫状態になってしまいました。

元々、その部屋は四畳半程と狭く、エアコンも設置していなかったので、暮らしにくいかなぁとは思っていたので、倉庫代わりとして使うのも悪くないかなと思いました。ですが、他にも収納出来る納戸が幾つかあるので、やっぱり部屋として機能させないと何だか勿体無い気がします。

旦那も私もズボラなのでこれ以上、模様替えしようとかそんな気が起こりません。やっぱり入居する最初にしっかりと目的を明確にしないとただの荷物置き場に成り下がると思いました。

住みやすい環境にある土地に新築を建てる

素敵な一戸建てを建てる自信がない人は情報収集をしっかりすることが必要です。我が家は羽村市に新築一戸建てを建てましたが、かなり前から情報収集をしていました。はじめて家造りをする人が納得できる理想の一戸建てを実現させることは難しいです。事前の下調べに多くの時間をかければ家造りが失敗する心配はないです。また、住宅会社を選ぶ時にも注意する必要があります。大きいメーカーは安心感がありますが、評判を調べてから選んだ方がいいです。大手のメーカーという理由で家造りを依頼したのに、下請け業者が一戸建てを建てているケースがあるので注意するべきです。有名メーカーでなくてもきちんとした一戸建てを建ててくれる住宅会社はあるので知名度だけで選ぶのはオススメできません。また、一戸建てを建てる土地を探す際には周辺環境を自分で調べると後悔がないです。どんなに広くて割安な土地でも住みにくい不便な環境にある土地ならば止めておいた方が無難です。やはり閑静な住宅街にある土地を買うようにすればストレス無く暮らせる一戸建てになります。